サイパンのダイビングポイント紹介

  • 4月から9月(夏場)は明るいテニアンや夏ならではの北方面が特におすすめ!
  • 年間通じてサイパンでは多く見られるマダラトビエイですが、特に10月から3月(冬場)は群れの数が増えるシーズン!。
  • ダイナミックな地形のグロット、真っ白な砂地の癒し系ポイントのオブジャンビーチ、豊富な生物で人気のラウラウビーチは年間を通じて潜ることができます。
  • 年間を通じて水温が高く透明度の良いサイパンの海が皆さまをお待ちしております。

サイパン&テニアン ダイビングスポットマップ

サイパン ダイビング アクアマリン

ビーチダイブのポイント

ラウラウビーチ
場所
ラウラウビーチ アジ玉
ガラパン地区より車で25分(ビーチダイブ)
シーズン
年間通じて
生物
小さな生物だと固有種も含め数種類のクマノミやエビと共生するハゼ。じっくり探せばウミウシもいろいろ。大物では定番のカメや見ごたえたっぷりのアジ玉も
見どころ
ラウラウビーチ カメ
ラウラウとはチャモロ語で「でこぼこの」という意味。その名の通り、舗装されていないでこぼこ道をジャングルツアー気分で走るとその先にあるのが ラウラウビーチです。年間を通じて穏やかなことが多く、リフレッシュダイブや講習にもオススメ。砂地あり、さまざまの生物の多いゴロタあり、サンゴのアーチをくぐりぬけるところあり、と地形もとてもバリエーション豊かです。生物の層も幅広いので何度潜っても飽きのこないポイントです。
ページトップへ
オブジャンビーチ
場所
サイパン オブジャンビーチ
ガラパン地区より車で25分(ビーチダイブ)
ガラパン地区よりボートで30分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れますが、12月〜3月はリップカレントが強い日も。
生物
オブジャンビーチ ガーデンイール
2種類のガーデンイール(チンアナゴとアキアナゴ)。写真の被写体としても人気のモンツキカエルウオ。4月〜6月はさまざまな魚の幼魚も多い。
見どころ
真っ白な砂地と真っ青な海。まさに南の島という感じの癒し系のポイントです。「ただ砂地で寝転がっていたい。」というリクエストもあるほど。 天気の良い時には自分や魚たちの影が水底にはっきりと出来き、水面を見上げると太陽の光が水中にキラキラと。 エントリーエギジット付近では「リップカレント」という沖に向かう強い流れが出る時がありますので、ブリーフィングの指示をよく聞いておきましょう。
グロット
場所
サイパン グロット
ガラパン地区より車で25分(ビーチダイブ)
シーズン
年間通じて潜れるが、12月〜3月は荒れている場合もあり。
生物
タイドプール内は水中ライトでじっくりと探すとウミウシやベニハゼの仲間。また、ホワイトチップが寝ていることも。外洋ではカメやバラクーダ・ギンガメアジに会えることも。
見どころ
地形派大満足のサイパンの有名スポット。タイドプールからエントリーして、外洋に向けて開いた青い3つの穴に向かって行きましょう。エントリーエギジット付近の波が高い時には、ブリーフィングの指示を特に注意して聞いておきましょう。110段の階段も潜り終わってみれば、きっといい思い出です!
ページトップへ
ウイングビーチ
場所
サイパン ウイング
ガラパン地区より車で20分(ビーチダイブ)
ガラパン地区よりボートで30分(ボートダイブ)
シーズン
4月〜9月の夏限定ポイント。さらにビーチエントリーの場合には大潮の干潮時が安全。
生物
浅瀬にはカエルウオや幼魚が多く、カミソリウオやハダカハオコゼ等の見つけることが出来るとちょっとうれしい魚の宝庫。
サイパン ハダカハオコゼ
見どころ
ビーチからもボートからもエントリーできるポイントですが、、ビーチの場合は潜れる時期が非常に限られます。が、限られるだけあってビーチエントリーの雰囲気は最高です。ボートエントリーの場合にはダイナミックな地形が楽しめる。
シュガードック
場所
サイパン シュガードック
ガラパン地区より車で15分(ビーチダイブ)
シーズン
年間通じて
生物
ミナミハコフグの幼魚、チョウチョウウオの幼魚など、とにかく幼魚が多いポイントです。
見どころ
サイパン シュガードック
日本の統治領だったころに、サトウキビをここから船で運び出していたためにこの名前がついたそう。体験ダイビングやオープンウォーター講習の限定水域で よく使うポイントです。陸から海に向かって真っ直ぐにのびた桟橋の景色はCMなどでも使われています。
ページトップへ

インリーフのポイント(ボートダイブ)

松安丸
場所
サイパン 沈船
ガラパン地区よりボートで10分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れるが、透明度が良いのは12月〜3月
生物
アカヒメジやヨコシマクロダイの群れ。ホワイトチップやマダラエイが船の陰で休んでいることも。
見どころ
サイパン 沈船
第二次世界大戦で沈んだ日本の大型貨物船(全長約123メートル)。1944年に米艦載機にほぼ現在の場所で攻撃を受け、1950年初頭には水面上に 露出していた上構部分がスクラップ(鉄くず)として切断され、最終的には1960年CIAの訓練で標的にされ現在の位置に沈没。
最大水深は10m、周りは白い砂地で戦争の歴史を残しながらも水中は明るいポイント。現在では潮の流れと、老朽化により原形はほぼ失われていますが魚達の 絶好の魚礁となっていて、ゆっくりじっくり魚達を観察することができます。観光用の潜水艦が通ることもあります。
B−29
場所
サイパン B29
ガラパン地区よりボートで10分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れるが、透明度が良いのは12月〜3月
生物
スズメダイやチョウチョウウオの仲間や共生ハゼ。少し泳ぐとサンゴのきれいな一帯もある。
サイパン B29
見どころ
10mほどの水底に戦闘機の翼とプロペラが。ポイント名はB-29となっていますが、実際は川西二式大艇という旧日本軍の飛行艇です。 (実物が東京・晴海の船の科学館にあります。)水深も浅く光のたくさん入る浅いポイントなので、戦跡をゆっくり見ながらのんびりと潜ります。
ページトップへ

サイパン島西側のポイント(ボートダイブ)

アイスクリーム
場所
サイパン アオウミガメ
ガラパン地区よりボートで15分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて
生物
サンゴを住処とするタイマイやアオウミガメ。アカマツカサやハタンポの仲間。ハゼ各種。
サイパン アイスクリーム
見どころ
12〜13メートル程の水底からポッコリと盛り上がったサンゴの根のまわりを潜ります。流れもなく穏やかなことが多く、港からも比較的近いので、ボート初心者の方や船に弱い方も安心して楽しめます。
以前はマダラトビエイを見ることが出来るポイントとして有名でしたが、近頃はパイプポイントのエイ遭遇率がアップしています。
パイプ
場所
サイパン マダラトビエイ
ガラパン地区よりボートで20分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて
生物
マダラトビエイがクリーニングをしてもらう為に集まってくるポイントです。
見どころ
やっぱりマダラトビエイ!多い時では20枚近い群れを見ることもできます。透明度が良い時には、真っ白な砂地も 気持ちがいいですよ。
ディンプル
場所
サイパン ディンプル
ガラパン地区よりボートで20分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて
生物
無数のカスミチョウチョウウオ。中層に群れるバラフエダイ等。
見どころ
直径60m程の大きな根の上を潜ります。根のトップでも15m程とやや深めのポイントです。ダイバーの前が見えなくなるほどのカスミチョウチョウウオが いることで有名。非常に写真栄えする魚なので、カメラ派の方にもオススメです。また、サンゴが非常にきれいなポイントですのでフィンワークにはご注意。 バラクーダ、カメ、イソマグロが登場することもあり、気を抜いている暇のないポイントです。
ページトップへ

サイパン島南側のポイント(ボートダイブ)

ナフタン
場所
サイパン ナフタン
ガラパン地区よりボートで40分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて
生物
ドロップオフのハナゴイやクマザサハナムロ。ディープダイブに興味のある方は深めにしか生息しないハゼ等を見るチャンスがあるかも。
見どころ
サイパン島最南端の岬のポイント。ドロップオフと、それとは対照的なサンゴの群生を楽しめます。岬に近いために流れが強いこともあるので注意が必要です。透明度は年間通じてとても良い所なので、ドロップオフで空を飛ぶような感覚を楽しみましょう!

テニアン島のポイント(ボートダイブ)

ダンプコーブ
場所
サイパン ダンプコーブ
ガラパン地区よりボートで45分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れますが、12月〜3月は船が揺れることもあるので心配な方は酔い止めを。
生物
食事中のカメ。浅いところにはカエルウオも多い。
見どころ
旧日本軍の飛行機のプロペラや戦車、銃弾などが捨てられているポイント。これらを見てまわると、その先にはカメの食事場所が。かなり近くで写真を撮れる こともありますよ。
銃弾等に含まれるリンが空気に触れると酸化して発火しますので決して持ち帰らないようお願い致します。
ページトップへ
テニアングロット
場所
サイパン テニアングロット
ガラパン地区よりボートで50分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れますが、12月〜3月は船が揺れることもあるので心配な方は酔い止めを。
生物
ハゼ各種や大きなミノカサゴなど。
見どころ
サイパン アイスクリーム
ドロップオフと洞窟からなる地形派ポイントでフレミングと並んでテニアンの定番です。洞窟は出入り口が大まかに4箇所あり、それぞれから差し込む光が幻想的。 また、洞窟の上に登ると洞窟内にいるダイバーの泡が水底からポコポコと。他ではなかなか見られない光景です。テニアンブルーと呼ばれる海の青さと光と泡を楽しんでください。
フレミング
場所
サイパン フレミング
ガラパン地区よりボートで50分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れますが、12月〜3月は船が揺れることもあるので心配な方は酔い止めを。
生物
ドロップオフ沿いのハナゴイやサイパンには少ないスミレナガハナダイなど。(水深が深めなのでリクエスト次第です。)
見どころ
テニアンブルーをとことん感じられるポイントです。10〜15mの棚から一気に80mくらいまで落ちるダイナミックなドロップオフです。空を飛んでいる感覚です!
ページトップへ
ツーコーラルヘッド
場所
サイパン ツーコーラルヘッド
ガラパン地区よりボートで60分(ボートダイブ)
シーズン
年間通じて潜れますが、12月〜3月は船が揺れることもあるので心配な方は酔い止めを。
生物
非常に元気なサンゴ。カメがいることもあり。
見どころ
サイパン アイスクリーム
サイパンから行くと、もっともテニアンで遠いポイント。タートルベイという湾の中のポイントです。その名の通りカメの多いポイントです。 根から少し離れた所には砂の粒子がとても細かく真っ白でキレイな砂地もあり、砂地とサンゴが一気に楽しめるポイントです。

お問い合わせ・ご予約について

ご要望・ご質問等お気軽にご連絡ください!